ゲームセンターCX「アトランチスの謎」の感想

今回の目的:エンディング画面を目指す

アクションゲームの常識を遥かに超えた全100ステージ構成。一筋縄ではいかない数々のトラップ。エンディングまでの道のりは長い。

元々は、ゲームクリエイターへのインタビューがメインだったゲームセンターCX。しかし、有野の挑戦が好評だったということで、尺が長くなってこちらがメインとなりました。

このゲームの難しいところは、ジャンプした後に制御が効かないところ。スーマリだったら何でもない穴が、アトランチスの謎では脅威に変わります。ボタンの強弱によってジャンプの飛距離が変わってくるのも、それを上手いこと使い分けなければいけません。

当然ながら有野課長代理(当時)も大苦戦。攻略本とAD東島の助けを借りながら無敵最短ルートを突き進み、ファイナルステージで師匠を救出。なぜ師匠が「いっき」の主人公である権べなのかは不明ですが。

特に詰まったりすることもなく8時間半でクリアしているので、良くも悪くもあっさりした印象の回です。AD東島が大活躍している回なので、そこが見所かも。